FC2ブログ

2018年夏季アニメ雑感

「進撃の巨人 Season3」
3期はこれまでの人間対巨人の構図から王政に絡む人間対人間
の争いがメインとなっています。巨人との絶望的な戦いで個性
的で思い入れの深いキャラもあっけなく殺され伏線が張り巡ら
される展開も相変わらず面白いです。

そして人間同士の血生臭い争いとこれまでの伏線の回収や物語
も重要局面に向かいつつありそうです。

これまでと違うのは壁の外にいる巨人と壁の中にいる人間の脅
威、何故これまでの歴史で巨人が存在しているのか、それに対
して人類が深く関わっているのではないかという真実が明かさ
れそうです。

それと同時に巨人よりも各キャラの過去にも焦点が当てられエ
レンが何故巨人に変身するのか、兵士として強さが際立ってい
るリヴァイの謎も気になるところです。

それとこの作品の特徴としては素晴らしい作画が挙げられます
がそれが変わらず維持されている点ですね。この段階で作画崩
壊されてしまうと困りものですが(苦笑)


「深夜!天才バカボン」
放映前から「おそ松さん」との作風の類似性が指摘されていま
したがこの作品もやはり継承された形となっており良い意味で
挑戦的かつ好き勝手作っている印象を持ちました。

キャラを通して面白おかしく社会風刺的な台詞を吐いたりする
のもそうですが実際の俳優さん等が登場したり絡んだりする展
開もあり毎回驚かせるような演出をしてくれます。

先述の通り内容的には「おそ松さん」と被る印象がありますが
それ以外で気になるのはソフトの売り上げでしょうか。「おそ
松さん」ではメインキャラに人気男性声優を起用し攻めている
内容と相まって社会現象を巻き起こしましたがこの作品では
どうなるのでしょうか。


「ヤマノススメ サードシーズン」
3期でもこれまでと変わらず綺麗で忠実な背景に可愛らしいキ
ャラのゆったりとした掛け合いで登山(やそれにまつわる
知識等)している様子を観ているだけで面白いです。

この点に関しては今年冬アニメで放映された「ゆるキャン」
と描かれ方が似ていると思います。作品通してそのジャンル
の知識も楽しめる点もそうですね。

後は二つの作品に共通している作品内で登場するキャラに悪
い人がいないという優しい世界観も良いですね。やはりアニメ
を観て厳しいリアルの生活を終えてから癒されたいですし(笑)


「ハイスコアガール」
作品の内容としてはゲームをメインにしたラブコメディ。
年代的にはゲームセンターから流行った「ストリートファイ
ターⅡ」等やゲームハード、年代的には自分の世代のゲーム
の流行が描かれおりそれだけで面白いです。

その当時のゲームに関するあるあるネタも懐かしさで楽しめ
ますがラブコメディとしても楽しめるという一粒で二度おい
しい作品です。

ただ僕の年代(40歳台前後)だと丁度その時代を生きてい
ただけに懐かしさもひとしおなのですがゲーム要素を楽しめる
層はどれくらいいるのかは気になります(苦笑)


スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

8月のエスパルス、夏場の厳しさを乗り越え勝ち点を積み上げろ!

7月を終えて7勝7敗3分、勝ち点24で暫定10位のエスパルス。
リーグ再開後は順調ではあるものの夏場の連戦というチームにとって
はかなり厳しい戦いが強いられることが予想されます。

これは何処のチームでも条件は変わりませんがリーグ中盤、この
夏場で勝ち点を積み上げられなければ途端に降格圏内に真っ逆さま
になるのも変わりません。

固定メンバーの中で怪我明けの選手やベンチの選手の積み上げも
大事になってくる中、勝ち点を強かに取ってほしいものです。



第19節清水エスパルス1-0サガン鳥栖
ドウグラス選手の得点で3連勝、守備も安定しているししぶとく
戦えていて結果がついてきているのは嬉しいです。正直ジャッジ
にも助けられた形で後味は決して良くないけれどチームのやり方
は継続できているので夏場の連戦で少しでも勝ち点積み上げたい
ですね。


第20節鹿島アントラーズ1-0清水エスパルス
最後の最後で課題のセットプレーで決められるという残念な結果。
それまでは両者硬い試合ながら守備の継続性、良い攻撃もありポ
ストを2回叩く不運もあり引分で終われば最善だったのですが仕
方がないですね、チーム状況は悪くないので切り替えるしかない
ですね。


第21節清水エスパルス1-2川崎フロンターレ
ドウグラス選手のゴールは良かったのですがアクシデントにより交
代があり、中断前の試合より戦えていましたがやはり相手のチー
ム力の方が上でした。お互いミスもあったが決め切るところと試
合運びではやはり格上と思い知らされる試合でもあったと思います。


第22節セレッソ大阪3-1清水エスパルス
借りを返されてしまいましたが同点に追いついたまでは良かったの
ですが突き放された後に交代含め打開できる力がないのは正直なと
ころです。3連勝の後3連敗は厳しいですね。守備の安定はありま
すがそこからの攻撃面では物足りなさが目立ってしまうのは厳しい
部分ですね。


第23節清水エスパルス3-3浦和レッズ
3回のリードを守り切れなかった、これに尽きると思います。連敗
を止めた事、代わりの選手が安定していた事は良かったし、金子選
手の孤軍奮闘振りも良かったけれどやはりホームで苦手な相手に勝
ち点3を取りたかったですね。


第24節清水エスパルス1-2北海道コンサドーレ札幌
先取点こそ取ったものの序盤から相手の流れ、徐々に攻められるよう
になりましたが最後まで点を取れる雰囲気は無いです。ここ連戦、点
は取るが守備陣形を外されると最後まで踏ん張れず崩される流れが多
い、下位との勝ち点差が縮まり厳しい状況です。


第18節横浜F・マリノス1-2清水エスパルス(順延)
逆転での久々の勝ち点3は一先ず安心ですが相手が一人退場した後は
完全な負け試合、ジャッジが正確であればこちらが負けていた試合で
運が見方とも言えるかもしれませんが最後まで守備が不安定で勝ち切
れたとは言えないし後味も悪かったと思います。


現在の成績
9勝 11敗 4引分 33得点 34失点 得失差-1 勝点31(暫定11位)



中断明け3連勝と良い流れでありましたがその後は3連敗と流れが
また悪くなってしまいました。ドウグラス選手が加わり攻撃の面で
は点が取れますが今度は失点が多くなり、先取点をとっても追いつ
かれるか逆転される展開となってしまっています。

守備に関しては今年からのやり方が浸透していると思いますがそこ
を外されてしまうと簡単に失点してしまうという悪循環に陥っている
感じがします。

自分が前から気にしているボランチの選手ですが現段階では白崎選手
と河合選手のコンビで両選手とも攻撃面では優れているものの守備面
では課題を抱えているのも怪我で離脱中の竹内選手でも同じ事が言え
ますがやはりここでもう1枚守備の強い選手が必要かなと思います。

リーグもそろそろ終盤になり下位との勝ち点も縮んできて現段階では
少々危険な状況でここが踏ん張りどころだと思います。


9月も頑張れ!エスパルス!


テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

北野武その2(制作過程②)

北野武
制作時間30時間(使用鉛筆2B、6H、7H)

シャツの部分は先生には敢えて描かない方が活きるとアドバイスをいただいたのでこの時点で基本
触らない方向にしました。周囲の色を乗っけた後に変に浮いて見えてしまう時は軽く色を乗せるように
調整くらいに留めています。


北野武
制作時間40時間(使用鉛筆2B、8H、9H)

これで完成です。いつもより鉛筆の種類も使わず暗いところは柔らかい鉛筆、明るいところは硬い鉛筆
と拘らず描きました。結果的にはいつもと表情やら空気感はさほど変わっていませんが改め観ると時間
がいつもより余った分突き詰めて描く部分を決めるくらいの事は考えた方が良いと思いました。

後、眼力が特徴的な人物だと思ってますがトーンを考えて描けばよかったと思いました。少々色が単調
に見えてしまったので。

ただそれだけを続けるとまた硬い印象の絵になりそうですが(苦笑)もうちょっとこのやり方で絵を描いて
いこうかなと思います。


テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

北野武その2(制作過程①)

北野武
制作時間10時間(使用鉛筆B、2B)

今回から律儀に鉛筆を順番どおりに使うのではなく表情が出始めたら暗いところも明るいところも描い
てしまおうという試みです。結局のところ各鉛筆の特徴はありますが個人の筆圧によって変わっていく
ところがあるのでそこは自分のやりたいようなテンポというのを重視しています。


北野武
制作時間20時間(使用鉛筆3B、4B、5B、4H)

本来なら30時間くらいの制作時間でゆったり色の下地を作ろうかなと思うのですがこれも今回から
積極的に鉛筆を使い始めて描いてしまおうという気持ちで描いています。改めて観てもこれで終わ
ってしまっても良いくらい(笑)

自分としては変に描き切ろうとしてその結果観察力も描写力も足りず中途半端な硬さが残ってしまう
というのが良くありましたので案外このくらいの力の抜き方があっても良いのかもと思います。


テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

7月のエスパルス、リーグ再開!!

5月を終えて5勝7敗3分、勝ち点18で10位のエスパルス。
W杯期間を終えて約2か月ぶりのリーグ最下位でシーズンも中盤
を迎え夏場の厳しい環境での連戦も始まります。

エスパルスとしては中断期間の休みもありその後のキャンプや
練習試合などでチームの状態を知る事が出来ましたが練習試合で
も天皇杯でも勝利出来ずリーグ再開に多少の不安が残るところ。

リーグで久々の試合という意味でもどのチームも同じですが
何とか勝ち点を積み上げて欲しいです。現在は暫定ながら10位
ですが少し躓いたら降格圏内にまっしぐらという状態。

新加入としては広島でも活躍したドウグラス選手の加入が決まり
ましたが個人的には守備選手の層が薄いのがリーグ当初から変わ
らず不安が残るところですが序盤の守備の意識を大事にしつつ
勝ち点を積み上げて欲しいところです。


第16節清水エスパルス3-0セレッソ大阪
リーグ再開後幸先の良いスタート!決めるべき選手が決め、無失
点で終始攻守に安定した試合展開が出来たのが良かったと思います。
中断期間から上手く修正できたと思います。次節も勝利を!


第17節ガンバ大阪1-2清水エスパルス
前節の良さを継続しながら北川選手の連続得点、新加入のドウグラス
選手が早速得点した事により攻撃面での競争活性化により得点面は今
後期待出来そうです。守備面も今までの悪い部分は修正出来ていると
思うしこれも継続して少しでも上位に食い込みたいですね。



現在の成績
7勝 7敗 3引分 24得点 22失点 得失差+2 勝点24(暫定10位)



台風の影響で横浜Fマリノス戦は順延となりまして8月は見事2勝
を勝ち取りました。中断期間中は練習試合でも勝てず天皇杯でも
敗れ、中断期間内に休養を長めに取っていた事もありチーム状況
を不安視していましたが7月に関していえば全く逆に結果に。

リーグ初戦の鹿島戦のような気持ちと課題であったセットプレー時
の守備の修正に時間を掛けていたようで今のところそこの修正は
出来ているようでこれを継続していてほしいです。

しかし口酸っぱいようですがこれでリーグを戦い続けるのは厳しい
のも事実、個人的にずっと感じていたボランチの守備、キャプテンの
竹内選手は怪我をしていて白崎選手が起用され、良い結果を出して
いますがそれがどこまで通用するのかも気掛かりです。

やはり今のチームの方向性として全員がハードワークするという事
が基本にありますがボランチに関してはやはり一人は対人の強さが
ある選手を一人は入れて欲しいところです。

攻撃に関しては北川選手が乗っていますしドウグラス選手も早速
結果を出してくれていてポジション争いが過熱していて好材料。

リーグ中盤以降、まだまだ暑さも厳しいですがこれを乗り切って
早く降格圏から離れたいところです。



8月も頑張れ!エスパルス!


テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

シンゴ

Author:シンゴ
絵を描いて
落語を観て聴いて
アニメばっかり観ていて
漫画ばっかり読んでいて
ライトノベルばっかり読んでいて
清水エスパルスを応援している
39歳の男です

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター
RSSリンクの表示
リンク