FC2ブログ

古今亭志ん朝その5(制作過程①)

古今亭志ん朝
制作時間10時間(使用鉛筆B、2B)

この時点では背景に対してボヤけた印象にするくらいで特に考えていま
せんでしたが後に先生のアドバイスにより少し背景を描き込む事になり
ます。

古今亭志ん朝
制作時間20時間(使用鉛筆HB、3B、4B)

完成した後で観ると最初から決めつけて描き過ぎかなぁと反省です。
もっとゆったりとした印象でも良かったです、空気感が無いので・・・


スポンサーサイト

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

古今亭志ん朝その5

古今亭志ん朝


5枚目の古今亭志ん朝師匠は落語をしている様子ではなく外での様子がモチーフ
です。元の写真は雑誌「Switch」の表紙で調べると1994年のものです。

勿論落語をやっている姿がカッコ良い(という表現が正しいという訳ではないと思い
ますが)のですがこういう落語をやっている以外の写真も表情の皺といい良い味を
出しているんですよねぇ。


テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

12月のエスパルス、未来に向けて。(2018年版)

11月を終えて14勝13敗6分、勝ち点48で7位のエスパルス。
残りは最終節を残すのみ、残留争いを心配する必要が無いまま最終節
を迎えられる事がこんなにも心に平穏をもたらすとは(笑)

最終節勝てば先日亡くなられて久米GMの願いであった5位になる
事も可能な位置です。厳しいと予想された今季からここまできたから
には是非とも勝利で終わってほしいですね。


第34節V・ファーレン長崎4-4清水エスパルス
最終節は打ち合いとなり攻守含めて良い事悪い事がくっきり分かれた
試合で、負けなかった事は良かったです。主力が居ない2試合で7失
点は今後の課題ですが年間通して降格圏内に落ちなかったのも前向き
に評価、チーム、サポ共々お疲れ様でした!


現在の成績
14勝 13敗 7引分 56得点 48失点 得失差+8 勝点49(8位)


シーズン当初は残留できるかが気がかりでしたが終わってみれば
1桁順位でシーズンを終え、一時はACLを狙える位置につけました。

例年から見れば躍進と言っていいでしょう。その要因はいろいろ挙げら
れますがまずはシーズン通して怪我人が少なく固定メンバーで試合に
臨めた事が安定した成績を残せた第一要因でしょう。

次に課題であった守備の安定もそうですが新加入のファンソッコ選手
去年加入のフレイレ選手の活躍、急きょ抜擢された立田選手がほぼ
全試合出場出来た事も大きいですし、攻撃面では途中加入のドウグラ
ス選手のおかげで得点も増えました。

それに乗じて成長著しい北川選手は日本代表に選ばれる程の活躍し
金子選手や中盤での河合選手も年間通じて活躍できたのも大きいです。

戦術的にもヨンソン監督の掲げるサッカーはこれからが本番という
事でしょうがまずはカウンターサッカーで上手く勝利出来たのも
大きいはずで来季に向けてより浸透していけば多彩な戦術も取る事が
可能になるでしょう。

勿論課題も沢山あります。固定メンバーが組めてるメリット以上に
そこで主力が抜けた後に代わりの選手が中々活躍出来ない点、即ち
層の薄さを感じたシーズンでもし例年通りの怪我人続出であれば
今の順位に入れたかと言えば疑問が残ります。

シーズン終了から来季に向けて補強も必要になりますし主力が流出
する可能性もあります。今季は補強が上手くいったシーズンではあ
りますが来季もヨンソン監督を中心に今のエスパルスを更に強くする
必要があります。

今季は残留勝ち点が例年より上積みされ最終節まで残留争いが熾烈
でした。それ自体はリーグのレベルが上がっていて喜ばしい面もあ
りますがエスパルスはそこから更に上に、将来的にはタイトルを目
指すべく戦っていかなければなりません。

今はシーズンを終えひと時の休息をしチーム、サポ共々来季に向け
てじっくり力を蓄える事にしましょう、すぐに次の戦いが始まります。



来シーズンも頑張れ!エスパルス!


テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

11月のエスパルス、残留確定を決めACL圏内を狙えるか!?

10月を終えて13勝13敗4分、勝ち点43で暫定8位のエスパルス。
ライバルであるジュビロ磐田とのダービー戦で圧勝し優勝を狙える位置に
いるサンフレッチェ広島に無失点勝利と波に乗っていてチームの状態も
非常に良い状態です。

特に前線ではドウグラス選手の加入により北川選手も好調を維持し
日本代表に初選出されるなど嬉しいニュースも多くなってきています。

残り4試合、このままの好調を維持できれば他のチームの状況もありま
すがACL圏内も狙える位置にいると言って良いでしょう。

しかし油断は禁物、元々J2降格、J1復帰とエスパルスの選手層とし
てみれば所謂降格圏に近いチームであり実際の成績もそのように結果と
して現れていました。

今は攻撃も守備も安定していますが好調になったかと思いきや急ブレー
キになってしまうエスパルスというチームを観てきた者としては(苦笑)
取り敢えずは早く残留を確定してほしいところです。

それが出来てから改めて地道に上を目指してほしいと思います。


第31節湘南ベルマーレ0-0清水エスパルス
最後まで相手側のペースで何とか最低限の勝ち点を得た印象、相手の特
徴に思いっきり呑まれて出足も遅くヨンソン監督も退席処分と何とも情
けない終わりです、相手をリスペクトしているのではなく日程的にも舐
めてかかっていたのではないかと感じた試合でした。


第32節清水エスパルス2-0名古屋グランパス
前半の内容は良くなかったものの後半金子選手投入で息を吹き返し2ト
ップがキッチリ決めてくれて3試合連続完封、内容が悪くてもしぶとい
守備を続けてチャンスに決め切るという理想的な試合展開でした。立田
選手の球種の違うアシストも見事です!


第33節清水エスパルス3-3ヴィッセル神戸
六反選手の劇的ゴールで引き分けに持ち込めましたがジャッジにより両
チームにとって後味の悪さだけが残る試合に。異常とも言えるロスタイ
ムは相手にとって不可解ですし、そこから乱闘、河合、立田選手の怪我。
ピッチ内外で非常に残念なホーム最終戦でした。


現在の成績
14勝 13敗 6引分 52得点 44失点 得失差+8 勝点48(7位)



第32節名古屋グランパス戦に勝利した事で残り2試合を残して自力
残留を決めました!取り敢えず安心しましたし非常に嬉しいです。

これまでの4年間は降格、昇格にしても最終節まで順位表の勝ち点
を計算して一喜一憂する日々だったのでやっと解放されます(苦笑)

しかし今からは来季の事を考えなければいけません、ヨンソン監督は
当然続投となるでしょうから、今のチームの戦い方を深める必要もあ
りますし選手補強も考えなければならないしそこはフロント含め既に
考えている事だと思います。今季は良くても来季はどうなるか分から
ないのはJ1リーグの世界だと思います。

エスパルスはまだ優勝争いを出来る程チームは盤石じゃなく成長過程
に過ぎません、現状はACL圏内を狙う戦いにシフトしていますが
そこまでのチームに育てるまで安定した成長が大事です。

とりあえず今は残留出来た事を噛みしめたいと思います。


12月も頑張れ!エスパルス!


テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

生田絵梨花その1(制作過程②)

生田絵梨花
制作時間30時間(使用鉛筆7H、6H、2B、6B、7B、8B)

肩にかかる髪の毛の色合いがこれくらいでいいのかと悩みながら描いた時間帯です。
日が当たっている部分の輝きは敢えて残すのは事前に考えていた通りですが柔らかい
鉛筆の乗せ方に迷ってしまった部分です、最近は軽く乗せながら色を付けてきたので
重く乗せようとすると少し違和感が出てしまいます。


生田絵梨花
制作時間39時間(使用鉛筆9H、8H、7H、9B、10B)

これで完成です。序盤唐順調で時間的にはそんなに苦労しないで描けたと思うの
ですがやはり実物の写真モチーフを観るとやはり違和感を感じてしまいます。
やはり人物画は難しいなと思うところと面白いなと思うところが両方あったと
思いました。落語家やミーコばかりなのでモチーフの幅も今後広げていきたいで
すね。


テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

シンゴ

Author:シンゴ
絵を描いて
落語を観て聴いて
アニメばっかり観ていて
漫画ばっかり読んでいて
ライトノベルばっかり読んでいて
清水エスパルスを応援している
39歳の男です

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
RSSリンクの表示
リンク