2018年春季アニメ雑感

「ゴールデンカムイ」
物語としてはアイヌが隠していた金塊を巡って主人公である杉元
佐一と途中で出会ったアシリパが金塊の在処を示した刺青を持つ
脱獄囚を探すが金塊を狙う勢力は他にもいて・・・という流れ。

人が死んだりする描写にエグイものが常にありそういう部分が
苦手な僕としては辛いところがありますが個性的なキャラと設定
と物語の二転三転とする流れに入り込んでしまいました。

この作品は料理漫画と評されるほど食事シーンが挟まれますがそう
いうところの面白さ、同行するアイヌのアシリパの普段の可愛らし
い表情からは信じられないほどの変顔をするという(苦笑)面白さ
もありシリアスな流れとコメディ部分のバランスも素晴らしいです。

物語の中では「アイヌ」がキーになっていますがそのアイヌの文化
や習慣などが細かく描かれておりその辺りに興味がある人でも楽し
める内容となっていると思います。とりあえず「ヒンナ」「オソマ」
はしっかり覚えてしまいました(笑)


「STEINS;GATE 0 -シュタインズ・ゲート ゼロ-」
前作がアニメからゲームに入った僕なのですがゲーム
内容を全てアニメに落とし込むのは無理なのでゲームをプレイし
た時に結構カットしている部分が多くストーリー上重要なところを
取捨選択している印象を受けました。

今回についても多分ゲーム内容で重要な箇所以外をかなり削って
いるんじゃないかと思いながら観賞しています。それで前作同様
面白いと感じていますのでこの流れは最終回待たずにゲームを購
入してしまう感じだなぁと思っています(笑)


「キャプテン翼」
漫画やアニメ特有の描写についてツッコミが入ったり「ネタ」と
してみられるのは今では普通の事ですがこの作品のように10年
単位の過去の作品はそれが有名であるほど顕著になると思います。

それを踏まえたり懐かしさも考えてもやはり名作は名作であると
感じました。原作1話から忠実にリメイクするという事で初っ端
から名シーンばかり。

勿論当時の描写から考えて今後もキャラの増加に合わせて豪快で
大袈裟と言えるシーンが登場すると思いますがこれに対して良い
大人がツッコんで楽しむのもアリと思っていますが(愛のあるツ
ッコミとして(苦笑))この作品が今を以て支持されるのは数多
いキャラの色褪せない魅力にあるのかなと思います。

「キャプテン翼」が当時流行っていたのは社会の状況もあると思
いますがしっかりとキャラとメインであるサッカーの魅力を活か
しきった事にあると思います。

今の子供世代でも大人世代でも楽しめ家族で観賞しても盛り上がる
のではないでしょうか。

ただ一つ個人的に残念なのはOPとEDは反対だろうと思います。
「燃えてヒーロー」のカヴァーは嬉しいのですが本来ならOP
に持ってきて欲しかったです。

後は作画がもう少し頑張ってほしいかなと・・・(苦笑)


スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

5月のエスパルス、続過密スケジュール、勝ち点を積み上げろ!

4月を終えて4勝4敗3分、勝ち点15で7位のエスパルス。

W杯まで続く過密スケジュールも後半戦に入りました。
去年の不調を思い起こさせる勝てない時期も4月の最後は2連勝で
終える事が出来ました。

毎年書いている事ですがこの時期になるとリーグも3分の1を消化し
上位、中位、下位がハッキリしてきます。現状は中位ですがここで
負けが込めば一気に降格圏へと突き落とされる時期とも言えます。

何とか上位陣と勝ち点で離されないようにしているところですが
チームの形が徐々に出来ている中ここで勝ち点を積み上げ自信を
つけて戦っていく事が重要になります。

後はサブにいる選手の奮起もまだまだ足りないように思います。
チーム内競争を激しくし、チームの層を厚くしつつ勝利を目指して
もらいたいところです。


第12節サンフレッチェ広島2-0清水エスパルス
攻めている時間帯が多くとも決定機は作れず、相手の堅守もあるけれど
サイドから全く得点出来る気がしなかったです、相手は決め時でしっか
り決め切ったと思います、その差が順位にも表れていると感じた内容で
した。


第13節サガン鳥栖3-1清水エスパルス
良い試合内容の時の粘り強い守備が出来なくて決定機の多くを外してい
たらこういう結果になるのは当たり前です。長崎戦と同様で大事な試合
で軽いプレーばかり見せられたらイライラしてしまいます。連戦はどの
チームも一緒なのに情けない試合を見せられました。


第14節清水エスパルス4-2湘南ベルマーレ
今のチーム状況を考えればどんな内容でも勝利は嬉しいのですが、守備
に非常に不安の残る結果になり取るべき時に点が取れなければ結果は逆
かもしれないくらいの内容でした、シーズン序盤に比べて守備陣が軽く
なり過ぎている気がします。今回は勝てたが次節が不安だなぁ。


第15節川崎フロンターレ3-0清水エスパルス
結果、内容ともに完敗です。特に前半は引き過ぎていて試合とは呼べな
い印象で、後半はそれでもマシになりましたが前半の流れを変えられる
ような内容でもなかったです。中断前に厳しい結果です。


現在の成績
5勝 7敗 3引分 19得点 21失点 得失差-2 勝点18(10位)


15節まで過密スケジュールが終わりW杯開催のため2か月の中断期間
になりますが5月は結局1勝3敗に終わりました。

現段階で暫定ではありますが10位に位置しています。順位的には開幕
当初の予想と大きな外れはないと思いますが敗数が先行しています。
それと同時に失点も多くシーズン当初から続けてきた粘り強い守備には
綻びがハッキリ見えてきました。

シーズンも約半分が過ぎようとする中でヨンソン監督のやり方を観てい
るとメンバーの固定をキッチリしているなぁという点、ルヴァンカップ
で活躍した選手をベンチに入れたりするなど底上げも考えているという
点があると思います。

しかしボランチについては河合選手、竹内選手をほぼ固定しています。
やはり守備よりも攻撃寄りの両選手なので守勢に回ると相手の起点潰し
という点では心許なくそこからのチャンスを与えて失点というのもある
と感じています。

この2か月の中断期間で守備の立て直しは勿論ですが個人的にはボラン
チの新たな人選もぜひ試してほしいと思っています。チーム状態は降格
当時の崩壊状況にはないのですが順位的には団子状態でいつ降格圏内に
落ちてもおかしくない状態です。

改めてチームの奮起を望みたいと思います


7月も頑張れ!エスパルス!

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

立川志の輔その4(制作過程③)

立川志の輔
制作時間50時間(使用鉛筆2H、6B)

後半に入ると固い鉛筆を使い始めるのですがその使用目的としては輪郭線が
ぼやけてしまわないように抑える役割があるのですが僕の場合はつい全体的
にそれを行ってしまう事です。何度も先生には指摘されていますがどの部分を
活かしたいのか行き当たりばったりなので中々改善できないのも課題です。


立川志の輔
制作時間60時間(使用鉛筆5H、4H、3H、7B、8B、9B)

顔の表情、特にシワが大事になるので描き込みますがやはりここでも硬さの
方が目立っている気がします。鉛筆をすべて使い切るというのはここ数年での
課題ですが少しそこだけに拘り過ぎているのかもしれません。


立川志の輔
制作時間65時間(使用鉛筆6H、10B)

これで完成です。
「描かずして描く」というところでは全く出来ていない訳ではないと思いますが
全体の明暗含めて満遍なくなってしまうのかなと思いました。次に描くモチーフ
では思い切って鉛筆の種類を限定してみようかなと思いました。


テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

4月のエスパルス、過密スケジュール、チーム内競争を望む!

3月を終えて2勝1敗2分で勝ち点8で4位のエスパルス。

どのチームも同じ条件といえども、W杯開催年としてもルヴァン杯
もあるといえども何度も書きますがこのスケジュールは過密すぎま
す(苦笑)

チームとしてはまさに一体となって戦っていかなければなりません。
やはりスタメン組、サブ組との組み合わせがカギとなっていくと思い
ますがそれぞれが出場チャンスをしっかり活かしていく事、怪我しな
い事が重要になってきます。

今の時点でリーグ戦はホームでの勝利が無い事が気掛かりですが
早めに勝ちをもぎ取る事が出来れば心理的にも勢いでもチームは
乗っていけるのではないでしょうか。

4月、5月と中断期間になるまでにどれだけ勝ち点が積めるかが重
要になってくると思います。


第6節ジュビロ磐田0-0清水エスパルス
正直点は入る気がしなかったのですが最後まで体を張って守り切り
内容的には相手の方がちょっと上かなと思いました。ダービーは絶
対勝ちたいけれど最低限の勝ち点は持ち帰ったという感じでしょうか
ホームでは絶対勝利して去年の借りを返したいですね。


第7節清水エスパルス0-1V.ファーレン長崎
本当に情けない試合で観ていてイライラしました。全てにおいて良い
ところが無く昨シーズンを観ているようで今シーズンダントツの酷い
試合でした。ホームで勝てない影響か焦ってどつぼにはまるパター
ン奇しくも昨シーズン同様の状態で不安しかないです。


第8節浦和レッズ2-1清水エスパルス
興梠選手に決められた場面ですがいつもの安易なミスからという失
点パターンはどうにかならないものかと思います。一人気を吐く金子
選手な印象。松原選手、北川選手にも期待したいのですが絡めてい
ない気がします、後はボランチの守備面が厳しく、もっと他の選手を
試して良いのではとも思いました。


第9節清水エスパルス0-1FC東京
またもホームで敗れリーグも3連敗、内容は結局チャンスで逃し失点
したら追い付きまたは逆転する力が無いという今のチーム状況を現
した結果に。悔しいがこれが現実です、だがこのままでは咋季と変わ
らない、何とか乗り越えていかなければ・・・。


第10節名古屋グランパス1-3清水エスパルス
後半は攻められる部分も多く1点返された時は非常に危ないと感じま
したが良い時間で突き放せたのが良かったと思います、相手の不調
やミスにも助けられた部分はあったと思いますが内容が良くて勝てな
いより悪い部分が目立っても勝てた方が良いと思います


第11節清水エスパルス2-1柏レイソル
久々のホーム勝利、タイトな日程の中で連勝も嬉しいのですがこれま
での我慢強く守備し全員がハードワークするというベースの中でチャン
スで決め切るという事が出来た理想的な試合だったと思います、次節
首位の広島戦でこれを体現出来るかがカギになると思います。


現在の成績
4勝 4敗 3引分 14得点 11失点 得失差+3 勝点15(7位)



予想していた通り序盤の好調さが影を潜めてしまいました。今のところ怪我
人が多すぎて台所事情が厳しいという訳ではありませんが守備からという部
分はそこまで大崩れはしていない印象ですが攻撃面では上手くいっていない
部分が目立つようになってきました。

守備といえばボランチですが現在は竹内選手、河合選手の固定状態ですが
二人は攻撃のスイッチ(縦パス等)に関しては申し分ないのですが元々守備
重視ではないので押し込まれると脆い部分が目立ってしまいます。

ボランチのコンビの基本と言えば攻撃と守備のバランスが良く言われますが
ボランチの選手は他にもいるので監督の考えもありますがサポとしてはもっと
いろいろな選手も交代要員等で試しても良いのかもしれません。増田選手や
今は怪我治療中ですが六平選手もいますしその辺りの選手をみたいですね。

ただ昨年と違うのは同じ時期、リーグ戦もカップ戦も成績が振るわなかった
のですがカップ戦に関しては既に2勝しているのはチームのモチベーション
からみても好材料です。

4月の連戦の最後の2戦で連勝出来たのも大きく(ホームで8か月ぶりの勝利!)
自分達がやりたいサッカーに自信がつきつつあるのかなと思いました。

連戦は続きますが選手一人一人が試合に絡んでいきチームの底上げを期待
して応援を続けたいと思います。


5月も頑張れ!エスパルス!


テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

立川志の輔その4(制作過程②)

立川志の輔
制作時間30時間(使用鉛筆3B、4B)

このくらいの時間だと今まで通り全体の形が見えてきてここから描く部分
描かない部分を意識する必要があります。


立川志の輔
制作時間40時間(使用鉛筆H、HB、4B、5B)

この時点でかなり描き込んでいるせいか全体の表情に雰囲気や色の流
れが失われていていつも課題である硬い表情になり始めています。
最近の課題としてはここからの時間帯で表現したい部分の取捨選択が
必要なのかなと思います。


テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

シンゴ

Author:シンゴ
絵を描いて
落語を観て聴いて
アニメばっかり観ていて
漫画ばっかり読んでいて
ライトノベルばっかり読んでいて
清水エスパルスを応援している
38歳の男です

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
RSSリンクの表示
リンク