鉛筆デッサンその8

デッサン

制作時間は72時間ほど

いつもはどんなモチーフの絵であってもB3サイズもしくはそれ以下のサイズで描いていますが
今回、初めてB2サイズで描きました。

単純に描く範囲が2倍になってこれは時間がかかりそうだと思いましたが意外にも時間はかからず
完成まで持っていけたのは良かったと思います。

パネルが大きいせいでイーゼルに乗せる時モチーフが隠れて見えなくなってしまうという事態もあり
構図決めも描き分けもかなり苦労しました。

描き切る箇所、明暗の付け方等、毎度おなじみの基礎的な技術に関してはもっと積み上げを大事
にしたいと思う次第ですが球体、ブロック、直線等は苦労せずに描けたので少し成長できたかな
と思いました。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 絵画
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

すごく良い取り組み方をされてますよね。
木炭紙大を超える広さを丹念に鉛筆で埋めるって大変です。
(^^)

絵の基礎・基本と言われますが、デッサンって特殊だなと思っています。
でも
デッサンって何だ?のシンプルな答えの一つには
「立体・空間を平面に変換すること」 だなあとも考えています。

(^^)

失礼しました。

>三日月工房さん

はじめまして、コメントありがとうございます。
デッサンは昔は大嫌いだったのですが、今では結構好きです。

改めて出来上がったものを観ますと足りないものが目立ちますが
初めてデッサンしたビール瓶1本をヒイヒイ言いながら描いてきた
頃と比べると少しは前に進めているのかなとも思います。


>デッサンって何だ?のシンプルな答えの一つには
>「立体・空間を平面に変換すること」 だなあとも考えています。

なるほどなぁと思います。
そこに至るまでまだまだ道は長いのですが自分の表現が広がると
思えばその道を進んでいく事も楽しい事だと思います。

プロフィール

シンゴ

Author:シンゴ
絵を描いて
落語を観て聴いて
アニメばっかり観ていて
漫画ばっかり読んでいて
ライトノベルばっかり読んでいて
清水エスパルスを応援している
38歳の男です

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
RSSリンクの表示
リンク