FC2ブログ

4月のエスパルス、序盤戦を終えて・・・

3月を終えて9位の位置に付けているエスパルス。

中々上手くいかない部分はあるとしてもこの時点では一番の課題であった守備については順調
であると思います。4月の初戦はこの時点で首位であるロアッソ熊本、次にJ2の舞台では最大の
ライバルになるであろうセレッソ大阪との対戦と序盤の中では大一番を迎えます。


第6節ロアッソ熊本0―2清水エスパルス
前半相手に主導権を握られて流石に勢いのある相手に苦戦しましたが後半立て続けに得点出来た
事により最終的に落ち着いた形で勝利し久々の連勝で嬉しいです。次節は去年から勝てていない
ホームで最大のライバルであるセレッソ大阪戦であり、良い流れで3連勝と行きたいところです。
試合の流れ自体上手くいかない部分が多いのですがそれでも勝てているというのはプラス材料です。


第7節清水エスパルス0―2セレッソ大阪
序盤の大一番で敗れるのは悔しいが一番の心配はホームでまだ得点も挙げられず勝利していない
と言う事実だと思います。去年からもうすぐ1年での状況であり選手の焦りがあるかもしれませんが
早い所ホームで勝利して安心したいところです。アウェーで借りを返したいですね。


第8節清水エスパルス2―2カマタマーレ讃岐
やっとホームで得点出来たが勝ち切る事が出来ずまたもやホーム勝利ならずです。どうも鬼門のよう
になってしまっていますが昇格するにはそのような事を言っている場合でないので勝つしかないですし
こういう時こそ信じて粘り強く応援するしかないと思います。しかし今節は序盤すぐの失点が痛かったです。


第9節ギラヴァンツ北九州1―2清水エスパルス
大前選手の劇的なロスタイムゴールでアウェー4連勝です!守備に関してはここの所少し不安定な所が
出始めてしまっていますが苦しい時に勝利をもぎ取れる力を1年近く勝てていないホームで是非とも見せて
ほしいと思います。ここからのGW3連戦はホームから始まりアウェーで終わるのでここからの上昇のカギ
になると思います。


第10節清水エスパルス4―1ツエーゲン金沢
先制した後、すぐ同点に追いつかれた時は「またか」と肝を冷やしましたが大前選手、テセ選手がキッチリ点
を決めて、待ちに待った約1年勝利が無かったホームでの勝利はやはり嬉しいですね。ここで一つマイナス
イメージから脱却出来たと思います。やはりホームで勝つのはアウェーで勝つのとは一味違うという感じです。


現在の成績
5勝 2敗 3引分 14得点 8失点 得失差+6 勝点18(4位)


4月に入り守備の要として奮闘していたキーパーの西部選手、サイドバックの鎌田選手が怪我で離脱。
特に鎌田選手は左膝前十字靭帯損傷という重傷で今年の復帰は絶望的な状況、その上大一番での
セレッソ大阪戦で敗れてしまい、ホームでも勝てていないという状況、スタメンの守備陣2人離脱により
守備に関して不安材料が増えました。

少し昇格に向け暗雲といった感じですが僕としては信じて応援するしかないといった強い気持ちを持って
いますし、代わりに出る選手が奮起してくれればと思います。唯一プラス材料なのはアウェーでちゃんと
勝てている事、これに加えホームでも勝てるようになればチームとして波に乗れると思いますし、キャプテン
であり10番を背負っている大前選手が順調に得点を重ねていければ自ずと順位も上がっていく事と思います。

5月も頑張れ!エスパルス!


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シンゴ

Author:シンゴ
絵を描いて
落語を観て聴いて
アニメばっかり観ていて
漫画ばっかり読んでいて
ライトノベルばっかり読んでいて
清水エスパルスを応援している
39歳の男です

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
RSSリンクの表示
リンク