2016年春季アニメ雑感

「三者三葉」
第1話の印象では「未確認で進行形」の方が僕自身の好みでありましたがやはりキャラの
掛け合いは動きも含めて流石の「動画工房」でしょうか。しかし「未確認で進行形」はその
動きと面白さが合っていた印象ですが今作は動きは前者以上なのに中々掛け合いの面白さ
と繋がらないなぁと思うのは僕自身の細かな好みが影響しているのかもしれません(苦笑)

この作品は猫が良く登場しますがその動きはかなり力が入っていてそれだけでも楽しい所
は良いですね。


「ジョジョの奇妙な冒険 第4部-ダイヤモンドは砕けない-」
美術的な設定を変更したのか3部のよりも明るくポップな印象を受けましたが内容自体は
しっかりと「ジョジョ」として違和感なく面白く観賞しています。気になる所はやはり何クール
放送するかという事。3部のようにある程度カバーしてくれそうで嬉しい限りです。


「ばくおん!!」
観賞した第一印象としては「けいおん!」の影響はタイトルと主人公キャラの設定ぐらい
なこの作品内容は当たり前ですが、バイクネタが変にマニアック寄りというよりも日常系
+あるあるネタのようになっているので無知な僕でも楽しめます。各バイク会社の協力を
得ているのが大きいと思います。

初っ端から(特に)「スズキ」における愛のある(?)ツッコミがあるなど中々面白いです。
バイク好きならばもっと笑えると思いますがこういう部分は仕方がないですね。


「うしおととら 第3クール」
放送前から懸念していたというよりも予想通りであったのですがやはりエピソード削除による
テンポの速いダイジェスト感が目立ってしまうの少し厳しいですね。それにより原作における
様々な魅力的なキャラたちがいない事が当然になってしまい、局面の重要シーンはしっかり
作っているだけに余計に惜しく感じてしまいます。

今更贅沢で身勝手な願いなのですが分割クールで何年もかけてじっくり作ってくれればなぁ・・・
と思いました。


「甲鉄城のカバネリ」
「進撃の巨人」の制作会社が手掛けているだけあって前評判から映画並みの作り込み
という事でその評判通りの作品です。ストーリー云々と言うより全体的な細やかさや
アクションの緻密さや動きの凄さに目が釘付になります。最後までこの勢いを保って
欲しいものですが1クールで終えるとしてやはり締め方が重要になると思います。


「迷家‐マヨイガ‐」
登場キャラが多すぎて中々把握できませんが序盤から不穏な空気のまま進むこの作品。
観る限り退場キャラが増えていきそうだなと思っていたらどうもそういう訳でもなく謎が多い
まま続くミステリーといった印象で前半はそんなに展開が無く後半に向けてどう終わらすか、
ラストの描き方で評価が分かれそうな作品です。


「はいふり」
2話からタイトルが「ハイスクール・フリート」となったこの作品。萌えキャラの多さと艦船を
普通に操る様子から海上版「ガルパン」のような印象な作品です。「ガルパン」は目的が
明確で良い意味で分かりやすい作品だと思いますがこの作品は戦闘+日常という流れ
ですが制作側の意図なのか目的が分かりにくいのが少々不満です。


「僕のヒーローアカデミア」
前評判では設定等で「ワンパンマン」、期待作品という事で「ワンピース」との共通点が
挙げられていましたが1話観賞した限りでは少々肩透かしな印象でしたが2話ラスト
以降から徐々に面白さが増してきまして「王道」な作りで熱さが伝わってくる少年ジャンプ
らしい作品です。

1クールのみという事で盛り上がり的には良い所で終わってしまう感じはしますが
いずれ2クール以降も観たいなと思わせる作品ですね。


「坂本ですが?」
全ての行動がクールでシュールな坂本やその反応が面白い作品ですがその行動により
周囲が良い方向に変わっていく部分もあって面白いです。観ている限りでは主人公の坂本
は行動自体は前述の通りですが登場人物の中で一番良識のある人だなと思います。
クールの中に優しさがあるというか・・・。

原作は既に終了していてアニメの1クールには十分収まりそうで最後まで楽しめそうです。
しかし声優さんは本当に豪華です。


「とんかつDJアゲ太郎」
何というかタイトルだけ気になっていた作品ですがそのままに主人公がとんかつ屋で
DJにもなるという話でした(笑)とんかつとDJの共通点に主人公が気付きながら進み、
味のある絵柄とキャラのテンポというか勢いが何とも馬鹿らしい(褒め言葉)ノリで良いですね。


「田中くんはいつもけだるげ」
「ふらいんぐうぃっち -flying witch-」
「くまみこ」

3作ともタイプの違った日常系といった所でしょうか。それぞれに淡々とした流れの中で
のやり取りがクスクス笑えるこれぞ日常系のお手本のような感じです。日常系好きの僕
としては特別な目標がある訳ではなく特段悪い人物が出なく且つクスクス笑えるのが
素晴らしいと思いますし、こういう作品は原作だとキャラのやり取りに終始してしまいがち。

ですがアニメだと風景もキャラの感情と相まってキッチリ描かれるので原作と違った
楽しみ方も出来ると思います。


「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」
観賞する前は失礼ながらありがちな主人公とヒロイン数人のラノベ原作作品かなと思
っていましたが主人公とヒロインが当初から思い合っていて周囲のキャラと交流によって
少しずつ進展していくような流れであったのでラブコメとしても面白いし、主人公がこれまた
ありがちな色んなヒロインとの優柔不断な態度でヤキモキするという部分が無いので
好感をもって観ています。

メインであるネトゲ部分は僕自身詳しくないのでパロディらしい部分には少しついていけない
部分もありましたがそれを差し引いても面白いです。


「機動戦士ガンダムUC RE:0096」
まぁガンダムですから内容的には初めて観る訳ですが敵味方それぞれの思惑が重なって戦って
いくと言う流れで今更言うまでもなく人が退場していくわけで(苦笑)しかしガンダムのここまで
の人気というのは単純な勧善懲悪で捉えられない人間ドラマが魅力な部分ですから大勢の登場
キャラでそれぞれ記憶に残る台詞や生き様が観られます。

取り敢えずユニコーンガンダムは買いですね(笑)


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シンゴ

Author:シンゴ
絵を描いて
落語を観て聴いて
アニメばっかり観ていて
漫画ばっかり読んでいて
ライトノベルばっかり読んでいて
清水エスパルスを応援している
38歳の男です

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カウンター
RSSリンクの表示
リンク