「バクマン。」やら「ガルパン」やら「刑事物語」やら・・・・・・

「バクマン。」
劇場版公開前に主役の配役が逆だと批判されていた記憶のあるこの作品。

原作は未読ですがアニメは全話観賞済みでしたし公開後も特に悪い評判は聞こえてこなかったので
期待していましたがこれが期待以上の出来でした。監督も原作20巻に対して尺が足りないと分かって
いたそうですがちゃんとそこの所割り切って主役の2人の漫画に描ける思いを中心に絞って描かれて
いました。編集部や原稿を描く様子などリアリティを感じる描写とCGの融合は目を見張ります。

女性キャラをヒロイン一人に絞ったのも実写での限られた尺を考えればベターな選択だと思います。

ちなみに最初に触れた配役については僕としても逆かなと思ったのですが主人公の「最高」の漫画へ
の執念を佐藤健さんがキッチリ演じてくれていたと思うのでそこまでの不満ではないのですが「秋人」
役の神木隆之介さんも俳優としては有名ですので「最高」も演じきれるなぁと思いました。
何より漫画原作の実写化は外見と演技力が一致しているのが理想ですので。

スタッフロールのジャンプの過去作品をもじった紹介は非常に良かったです。


「ガールズ&パンツァー 劇場版」
劇場版は映画館に足を運んでブルーレイ版を購入して改めて観賞です。
劇場版のその後を描いた特典映像観たさもありましたがさて「ガルパン」はこの先どうなるのか少し
気になります。実際まだ劇場で公開しているところもありますし、意地悪な言い方ですがさすがに
関わっている会社がこれで「ガルパン」は終わりとしないでしょう。

否が応でも2期への期待はありますし、これで十分だと思いますしどうなることやら。


「刑事物語」
ハンガーヌンチャクと言えば武田鉄矢さん・・・と言っても僕はこの作品所見です。
テレビ放映でちらっと観た事がありますがキッチリ5作品立て続けに観賞しました。1作目は初っ端
ヌードシーン(ヒロインの勤め先)で真昼間から観賞していた僕としては勘弁してくれ(苦笑)といった
気持ちですが全シリーズ物語の流れは統一されていて武田さん演じる不器用な刑事の人情と
アクションシーンが前面に出ている作品でした。

評論家気取りではないですが自分が小さいころ観ていた邦画というのは現在の社会状況や制作環境
や技術等の影響もあると思いますが良い意味での泥臭さがあるなぁという印象です。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シンゴ

Author:シンゴ
絵を描いて
落語を観て聴いて
アニメばっかり観ていて
漫画ばっかり読んでいて
ライトノベルばっかり読んでいて
清水エスパルスを応援している
38歳の男です

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カウンター
RSSリンクの表示
リンク