2016年秋季アニメ雑感

「舟を編む」
観賞するにあたり改めて原作を読み返し感じたのはキャラクターの魅力がもう少し
掘り下げてくれれば良かったかなという点がアニメでは補われておりエピソード間の
キャラの心情等や動きも上手く作ってくれているなと思いました。

予想通りと言うか「馬締」と「西岡」を中心に描かれている印象がありますが原作に
ないちょっとした台詞が色んな部分で散りばめられているので違和感を持たずに
観賞できるのは制作陣のまとめ方が丁寧なおかげでしょう。


「響け!ユーフォニアム 2」
少し苦手なタイプの作品と思いつつも京アニらしいキャラクターの機微の細かさや
背景の美しさ等全ての面において映画作品のような高水準のアニメを観るとやはり
引き込まれてしまうなと実感した作品です。

2期では更にキャラクターのそれぞれの事情に焦点を当てており1期から観賞して
いるとなるほどと思えるシーンも多く流石の京アニ作品です。このアニメも原作が
続く限りは続けてほしい作品です。


「クラシカロイド」
時折、自分の今まで観賞した中での藤田監督ぽいギャグ展開は見受けられますが
割と落ち着いている感じと言うか(苦笑)「クラシカロイド」という設定やストーリーは
徐々に明らかになるといった感じで毎回ドタバタしている部分が多くそこは良いので
すがもう少し肝になる物語を観たいかなという気もします。

明言はされていませんが舞台はどうやら浜松市らしく浜松餃子やアクトタワー、浜松
祭り等が出てきて地元ではないですが嬉しい部分です。


「ハイキュー!! -烏野高校 VS 白鳥沢学園高校- (第3期)」
「ハイキュー!!」の面白さは少年漫画らしい熱さと主人公だけが目立つのではなく
相手チーム含め色々なキャラをバレーを通じてちゃんと描いている部分にあると思い
ますしそれを原作とは違った面白さをアニメとしての表現をしている部分にもあるのか
なと思いますが3期まで制作陣のそういう姿勢が一貫していてここまでの人気を得て
いるのではないかと思います。

年間クールの作品ではありませんがこの作品も原作が続く限りはアニメも続いてほし
いなぁと思える作品です。

しかしこの3期開始直後「烏養繋心」役の田中一成さんが急死するという悲しい出来事
がありました。

アニメ好きとしては年々自分の子供の頃から活躍されている声優さんやまだ年齢的
には若い声優さんが亡くなられるニュースを目にしては心が痛む事があります。

特に田中一成さんは原作としてもアニメとしても好きな「プラネテス」という作品の主人公
を演じられていて僕にとっては出演されている作品を観るだけで嬉しくなる声優さんの一人
でしたのでもう新たに声を聴けなくなるのは寂しい限りです。そういう意味でも田中さんが
遺したともいえるこの作品は今後も観たいと思っています。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シンゴ

Author:シンゴ
絵を描いて
落語を観て聴いて
アニメばっかり観ていて
漫画ばっかり読んでいて
ライトノベルばっかり読んでいて
清水エスパルスを応援している
38歳の男です

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
RSSリンクの表示
リンク