FC2ブログ

4月のエスパルス、続序盤戦!絶対につまづくな!

リーグが開幕し、4戦で2勝2敗の五分となっているエスパルス。

去年から続けている守備組織の意識から徐々にではありますが久々のJ1レベルに
慣れてきている印象がありますがそこで気を抜くと一気に崩れてしまうのも現実。
チームが一番理解しているところではあると思いますが課題のセットプレーからの
失点が中々修正されない危惧もあります。

4月は4年ぶりの静岡ダービーで始まりますがこの試合の結果如何では序盤の流れ
が変わるのかなと思っていますがどうなるのでしょうか。


第5節ジュビロ磐田3―1清水エスパルス
一矢報いたのは良かったですし得点のチャンスはありました。そこまで内容が悪い訳
でもなかったです。しかしずっと課題であり選手も分かっているセットプレーでの簡単
な失点、これに尽きると思います。ホームでリベンジと意気込む前に修正出来ないと
この先厳しくなると思います。

第6節柏レイソル0―2清水エスパルス
我慢の時間帯が続いた中で課題であったセットプレーでの守備を身体を張って凌いだ
上での勝利は大きいです!3連敗となったらズルズル悪い流れになる所で同じメンバー
で修正出来たのも大きいです。次節、大宮戦では強い気持ちで今年ホーム初勝利を
してほしいです!!


第7節清水エスパルス1―1大宮アルディージャ
終盤に追いつき最低限な結果となりましたがホーム初勝利はまたもお預け、攻撃的な
布陣であると思いますが少しバタついた展開になり攻めている部分はあるけど中々点
には繋がらず、チアゴ選手については連携面とコンディションがもう少しといった所でし
ょうか。


第8節川崎フロンターレ2―2清水エスパルス
終始相手のペースで守備する時間が多かったが最後まで諦めず勝ち点1を取れました!
相手の2ゴールも凄かったのですが金子選手のJ1通算20,000ゴール、チアゴ選手の終了
と同時のゴールも凄く嬉しく、この流れで次節はホーム初勝利をして欲しいですね!


第9節清水エスパルス0―3ベガルタ仙台
負けるべくして負けた試合というか局面の厳しさ、判断の遅さ全てにおいて相手より劣って
いました。厳しい言い方ですがこういう試合をしていたから降格したという現実をもう少しチ
ームとして考え直さなければいけないと思います。この試合については怒りより呆れてしま
いました。


現在の成績
3勝 4敗 2引分 11得点 13失点 得失差-2 勝点11(14位)


4,5節と合わせて6失点とセットプレーでの守備の脆さが露呈してしまったエスパルス。
流れの中での失点が少ないものの、この課題を早急に解決しない事にはJ1リーグを戦う
のは厳しいと思いますがそこは長年色んなチームで結果を残してきた小林監督、チーム
の修正には手腕を発揮してくれていると思いますので今後も油断は出来ませんが大きく
崩れる事は無いのかなと期待してしまいます。

それと失点は課題としてあるものの、得点自体は奪えているという事実は好材料です。
今後得点パターンが増えると共に守備の改善が出来ればリーグを戦う上で上位も狙え
ます。

後は新加入のチアゴアウベス選手含め外国人選手がちゃんとチームにフィットするか
怪我から戻った選手がチーム内の更なる競争により結果として還元できるかが重要に
なるのではと思います。


しかし未だにホーム未勝利なのはこれからも続くシーズンにおいて不安材料です。
ホームアドバンテージというのもチームの調子において重要な所ですし。悠長な事は
言えませんがこれを乗り越えるだけでチームの雰囲気も向上しそれが戦績に反映さ
れるのではないかと思います。


5月も頑張れ!エスパルス!


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シンゴ

Author:シンゴ
絵を描いて
落語を観て聴いて
アニメばっかり観ていて
漫画ばっかり読んでいて
ライトノベルばっかり読んでいて
清水エスパルスを応援している
39歳の男です

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター
RSSリンクの表示
リンク