FC2ブログ

11月のエスパルス、残留に向け勝負の月!

10月を終え、7勝14敗10引分14位のエスパルス。

泣いても笑っても残り3試合(泣きたくはありませんが(苦笑))
11月はホームで残留を争う2チームとの直接対決です。

札幌についてはエスパルスより順位が上でほぼ残留は大丈夫
と言われるチーム。新潟については勝つしかないという状況で
ほぼ残留は厳しいと言われるチーム。

どちらにしても厳しい試合になるのは予想できます。エスパル
スは広島の結果次第で残留確定ですが勝敗により天国か地
獄とハッキリしている状況です。

エスパルスはホームという最高の環境での2試合ですが先月
のライバル磐田戦では完敗しています。

その時の状況にもよりますが相手からすればこの状況でアウ
ェーの方が気合が入るという点もありますのでどちらかが勝利
の執念において上回れるかが勝敗に結びつくのでは思います。

残留に向けて気持ちと覚悟のいる11月です!


第32節北海道コンサドーレ札幌2―0清水エスパルス
ホームで相手に残留を決められしかも3週間の中断期間で出し
た答えを相手はキッチリ出しました。エスパルスは出せない所か
チームとしてバラバラです。もう2試合しかありません。相手頼み
の残留どころかこのままでは絶対降格です。何のための1年だ
と思いました。


第33節アルビレックス新潟3―2清水エスパルス
前半の天国から後半一気に地獄に突き落とされるような敗戦
しかも相手には初の逆転勝利をプレゼント、こちらは笑顔で杉
山選手を送らなければいけないのに恥ずかしい結果です、最
終節勝たなければ最悪です。


現在の成績
7勝 16敗 10引分 33得点 53失点 得失差―21 勝点31(15位)


札幌戦で勝てば残留な所が完敗、新潟戦も勝てば残留が決ま
っている所で2-0で勝っているのに逆転を許し最終節に勝て
ば残留という所まで追い込まれてしまいました。

ここ4年間でしょうか、降格間近と言われた2014シーズンは
ギリギリで残留、翌2015年は降格、J2に舞台を移した201
6年は最終節で昇格を決め今年は最終節勝てば残留が決定
するというサポーターにとっては苦しいシーズンが続いています。

当時から怪我人が多い事は言われていましたが全く改善され
ず補強をしても(特に去年と今年は)チームにとって補充にしか
なっておらずこの結果が今の状況です。

エスパルスというチームが何も対策を練っていないとは言いま
せん。しかしこの状況では何もしていないのと同じです。

僕はエスパルスのサポーターである以上結果が出なければ
批判はします。だけど応援を始めた2008年シーズンから
一貫しているのはどんな状況であっても応援の声は止めない
決意で応援しています。

最終節、チーム一丸で答えをキッチリ出してシーズンを終えて
ほしい、その結果がどうなっても僕はサポーターを続けるのは
変わりません。

シーズン最後は笑顔で終わろう!頑張れ!エスパルス!


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シンゴ

Author:シンゴ
絵を描いて
落語を観て聴いて
アニメばっかり観ていて
漫画ばっかり読んでいて
ライトノベルばっかり読んでいて
清水エスパルスを応援している
39歳の男です

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
RSSリンクの表示
リンク